セラミドは肌の保湿に欠かせない成分

セラミドは肌のうるおいのベースとなる成分で、誰しもが皮膚の中に持っています。
その天然保湿成分のセラミドは、肌の隙間を埋めて水分を保ち潤いを維持する保湿成分のセラミドは水分を外に出さない役割をしています。

 

生活・食生活の乱れやストレスなどで肌に負担をかけて角質層が乱れてしまうとセラミドが流れ出てしまい、肌が荒れたりカサカサになったりすると、外部からの刺激で炎症を起こしやすくなります。
うまく保湿してる肌には保水力があります。潤いのある肌にしていけば乾いた空気の中でもあなたのお肌は乾燥しないんです。

 

セラミドを増やす乾燥肌改善スキンケア「米肌」

 

米肌 14日間お試しセット 詳しくはこちら

 

コーセー「米肌」豪華5点トライアルセット 初回限定14日集中ケア!
14日間お試しセット販売プロモーション 販売価格1500円(税込)※送料無料

 

セラミドを外から補給するだけでは常に肌へ補給し続けなくてはならないので、根本的な解決にはなりません。
ライスパワー NO11の働きによって自らセラミドを作り出すお肌へと導いてくれます。肌自体が生み出したセラミドによって、あなたのお肌のキメは整い透明感があり毛穴もスッキリしていきます!

 

それを叶えてくれるのがKOSEの米肌!
まずは14花冠のトライアルセットでお試しあれ!

 

なんでセラミドが保湿に重要なの?

肌の角質層にある細胞間脂質の主成分がセラミドです。

 

セラミドは、角質層にある細胞の隙間にあり肌のうるおいのベースになっていて、もとから体内にある成分で肌にうるおいを与えてくれます。

 

若くて健康な方のお肌にはセラミドがたっぷりありますから、みずみずしくしっとりしているお肌になりますが、環境の変化や年齢を重ねていくことでセラミドの量に変化がでて減っていきます。
角質層のセラミドの量が減ってしまうと肌からうるおいが減り、肌が乾燥した状態のカサカサな肌になってしまいます。

 

そんなセラミドが不足するとどうなる?
セラミドが減ってしまうと角層のバリア機能の働きが弱くなり、肌の乾燥が進み外部からの刺激によって肌荒れしやす状態になってしまいます。
肌表面もカサついていき、肌荒れをくり返しやすくなってしまいます。

 

セラミドは肌のバリア機能を修復してくれる大切な成分です。肌内部の水分を保ってくれる重要な役割がありますので、うるおいのあるみずみずしいお肌を目指している方は、セラミドを増やすよう対策していきましょう!